【つわりで歯磨きできない人】おすすめマウスウオッシュ!

つわりで気持ち悪くて歯磨きできないときのおすすめマウスウオッシュ

妊婦つわりのうがい

 

妊娠中のつわりで歯磨きができない』
『妊娠中だから、添加物が少ないおすすめのマウスウオッシュが知りたい』

 

この記事は、こんな不安や悩みがある方に書きたいと思います。

 

私は、2人の子供の出産経験がある22年のキャリアを持つ歯科衛生士のまめ子です。

 

妊娠中のつわりの歯磨きって本当につらいですよね。
私も「オエッー」って涙をながしながら歯磨していたので、とっても気持ちが分かります。

 

歯磨きで吐き気

 

あまり知られていませんが、妊娠中に口の中を清潔することは、産まれてくる赤ちゃんにも大きく影響するのです。

 

つわり吐き気がして歯磨きできないつらいお母さんのためにも、かわいい赤ちゃんのに為にも参考になればと思い書かせていただきます。

妊娠中にマウスウオッシュをおすすめする理由

 

妊娠中は、口の中の環境がすごく変わることってご存知ですか?

 

「つわりで、しっかりと歯磨きができない...」
「口の中がネバネバする...」
「歯磨きしたら、血が出る...」

 

これは、つわりで歯磨きがしっかりできないことだけではなく、実は...

 

口の中の環境が、妊娠中のホルモンバランスによって、大きく変わってることも原因の一つです。

 

妊娠中は女性ホルモンで、唾液も歯周病リスクも変わる

 

妊娠中は女性ホルモンが増えるので、

 

  1. 唾液が出る量が少なくなる
  2. 唾液がネバネバと粘度が増す
  3. 唾液が減って虫歯や歯周病なりやすくなる
  4. 歯ぐきが腫れやすい

 

あまり関係のなさそうな口の中まで、こんなにも影響が...
妊娠で口がネバネバする
日本歯科大学付属病院の院長もこんな記事を書いています。

妊娠すると、妊娠の維持に必要なエストロゲン、プロゲステロンの分泌量は、それぞれ100倍、10倍にもなります。
口の中も例外ではなく、だ液や歯周ポケット(歯肉溝)から出る液体(歯肉溝浸出液)中に含まれる女性ホルモン濃度が増加します

日本歯科大学付属病院の記事より抜粋

 

お口がネバネバすると、口の中を洗い流す機能が減ってしまい気持ち悪いだけでなく、虫歯や歯周病も進行しやすくなります。

 

つわりで気持ち悪くて、磨けないときはしっかりとマウスウオッシュでケアしておくと安心ですね。

 

ママのお口が汚れると赤ちゃんにも影響する

 

「ママのお口の細菌が多いと、赤ちゃんの口の細菌が増える」

 

”同じスプーンで食べさせると、赤ちゃんに虫歯菌がうつる” ってよく聞く話ですよね。

 

これは、正確に言うと『ママの口の細菌(虫歯菌も歯周病菌)も感染してしまう』なんです。

 

妊娠中のつわり

 

こうやって、話すとなんだか怖い...って感じられると思うのですが、ママのお口の細菌もしっかりとケアするとグッと減らせるから大丈夫。

 

だから、つわりで歯磨きできないときも口の中を清潔に保てるように手軽にできるマウスウオッシュを歯科ではおすすめしています。

 

つわりで歯磨きできないときのマウスウオッシュの選び方

 

つわりで歯磨きができないときは、マウスウオッシュを使うことが有効なのですが、その選び方にもポイントがあるのでご紹介しますね。

 

  1. 刺激が少ないものを選ぶ
  2. できるだけ、自然の成分で
  3. アルコールの含有量が多いのはさける
  4. 匂いが少ないもの
  5. 歯周病や虫歯にも効果的なもの

マウスウオッシュの選び方のコツ

 

刺激が少ない・アルコールが少ないマウスウオッシュ選ぶ

刺激が強い成分やアルコールの含有量が多いマウスウオッシュは、すっきりするのですが余計に口が乾燥するので好ましくない。

 

先ほど、妊娠すると唾液が少なくなりネバネバするとお話しましたが、口が乾燥するとさらに口がネバネバするので注意。

 

できるだけ、匂いが少ない自然の成分のマウスウオッシュを

マウスウオッシュは、妊娠中でも使用可能なものがほとんど。
匂いや味に敏感な妊娠中は、少し高くても使用されている成分は自然のものを選ぶ人が多い。

 

実際に私も妊娠中は、作られた匂いが苦手になり自然の成分で作られたマウスウオッシュしかダメでした。

 

産婦人科の先生もマウスウオッシュの使用をおすすめしてるので問題ないですが、気になる方は聞いてみて下さいね。

 

歯周病や虫歯菌のどちらにも効果のあるもの

マウスウオッシュの種類は様々ですが、早産のリスクが高まる歯周病や虫歯菌にしっかりと効果があるものを選ぶと効果的。

 

特につわりで歯磨きができない時期は、香りが少なく口の中の菌を減らす効果があるものを選びたいですね。

 

 

妊娠つわりのときのおすすめマウスウオッシュ 3選

 

歯科衛生士の私がおすすめするマウスウオッシュ3選

 

ルブレン

パラベン・合成香料などの添加物、アルコールが不使用。

 

口臭に特化したマウスウオッシュだが、歯周病・虫歯予防効果もある。
香りは、少し甘めで刺激がほとんどない
値段は少し高めだけど、保湿剤が入っていて唾液がドバっと出るので口がねばつく妊娠中にもおすすめしたい。     

 

→ 使ったレビューはこちら

 

→ 商品の詳細はこちら

価格 容量 評価
4,480円(公式サイト割引) 100ml(1ヶ月分) 妊娠,歯磨き,つわり,マウスウオッシュ

ゴッソトリノ

歯周病・虫歯菌・口臭の原因となるたんぱく質汚れが、取れたのが目に見えるマウスウオッシュ。

 

マウスウオッシュしてから、歯磨きをするタイプなので歯磨き粉をつけなくても汚れが落ちやすいので、歯磨き粉を使えない・つわりでみがけない妊娠中にも効果的。

 

植物由来の成分で、しっかりと汚れを落とす。

 

刺激はほとんどなく、すっきり感があってすごくいいがアルコールが少し含有されているので2位

 

→ 使ったレビューとはこちら

 

→ 商品の詳細はこちら

価格 容量 評価
1,380円 30包(1ヶ月分) 妊娠,歯磨き,つわり,マウスウオッシュ

 

コンクールF

歯周病予防・虫歯予防に良いマウスウオッシュ。

 

少量をお水で薄めて使うタイプで使用量に気をつける必要あり
安くて効果は高いが、歯に着色がつきやすくなるという欠点があるので3位

 

→ Amazonはこちら
→ 楽天はこちら

価格 容量 評価
1,234円 100g 妊娠,歯磨き,つわり,マウスウオッシュ

 

 

まとめ

妊娠中でつわりがひどいときは、無理に歯磨きをしたりするのはつらいですよね。

 

そんなときは、マウスウオッシュでさっとうがいをして気分がよいときや磨けそうなときにしっかりと歯磨きをすると楽に考えて下さいね。

 

ただ、3日や4日も続けて歯磨きできないことは、あまり好ましくないので歯ブラシを小さめにしたり、下を向いて唾液を出しながら歯磨きすることも効果的です。

 

では、ママのお口が少しでも清潔で、産まれてくる赤ちゃんにもすこしでも感染のリスクを減らせるようになりますように。
歯科衛生士 まめ子


page top